全くの未経験から独学でWEBデザイナーになるための方法

未分類 2017/05/27  

未経験者がwebデザイナーになるには、無理矢理にでも実績を作るべき4つの理由

         

よく聞かれる質問の1つに、「実務経験者のみ採用って本当ですか?未経験者は絶対にwebデザイナーになれないのですか?」というようなことがある。

結論から言うと、全くの未経験者を採用する企業は限りなく少ない。

未経験者がwebデザイナーになるには、実務経験を無理やりにでも積んだ方が良い

未経験の人間が、webデザイナーとして働くには、絶対に実務経験があった方が有利だ。

実際に未経験者をwebデザイナーとして募集している会社はとても少ない。

「実務経験者しか雇わない会社しかないのなら、どうやって就職したらいいんだ?」とあなたは思うかもしれない。

答えは、「実務経験を無理やりにでも積むしか無い」ということ。

矛盾したことを言っているが、未経験の人間がどうやって実務経験を積むかというと、ほぼ無給か趣味、練習として身近でホームページを必要としてる人のサイトを作ってあげれば良い。

もし報酬をくれるというのなら貰った方が勿論良いが、素人にお金をくれる人は少ないと思った方が良い。

それでは実務経験を無理やりにでも積むことのメリットを紹介していく。

実際にホームページが出来る流れが理解できる

一人でもくもくと勉強していると、webデザインについてわかったような気になるが、それは実務を通してみると全然なことがよくわかる。

クライアントの要望、ホームページに求めていることが身をもって理解できる

webデザイナーになりたいと思っている人は、webの「デザイン」がしたいという人が多い。

僕も実際にそうだった。

でもクライアントと接してみると、デザインは勿論なのだが、ホームページというのは最終的なゴールにいかせるための手段であることを痛感する。

いくら良いデザインをしても最終的に問い合わせや、売上としてつながってくれないと全く意味がない。

それは問い合わせなどへの導線であったり、クライアントの強みがサイトにしっかりと掲載されていることであったり、また検索で上位にさせる対策を加味した上でサイトがコーディングされていることも関わってくる。

とにかくwebデザイナーというのは、デザインだけをする人ではないという意識が持てる。

 

ホームページを作るあらゆる流れについて経験を積める

これも上記に挙げたが、ホームページを作るには下記のような流れが基本だ。

  • ヒアリングして要望をまとめる
  • サーバー、ドメインの取得設置
  • webデザイン
  • webコーディング
  • 公開
  • SEO対策(検索で上位に来るようにする対策)
  • 保守メンテナンス

ざっくり簡単に書いたが、少なく見てもこのくらいある。

webデザイナーを目指している人は、この「webデザイン」しか見れていない人が多い。

だから、そういう人が入社しても他のことについて1から伝える必要があると、企業はそんな人を採用したいだろうか。

特にデザインがめちゃめちゃできる人間でもない限り不可能だろう。

だから未経験者は、全体像をしっかりと把握し、ビジネスの1つの手段というドライかつ当たり前な視点を持って、webデザインの勉強をして欲しい。

絶対にやりきるしかない環境なので、技術が飛躍的に伸びる

自分じゃ良いと思っているデザインも、クライアントからすると全然ターゲットと合っていない、ということがよくある。

特に未経験者でやっているのならなおさらだ。

実際にクライアントと接することで、自分が仕上げたデザインのダメさを指摘してくれるし、要望に答えるにはデザインのレベルを上げるしかないという状況が多々ある。

流石に「イラストを書け」までは答えることはできないだろうが、写真加工や見出しデザインや配置などの細かなところについては、技術がどんどん上がるだろう。

最後に

いかがだっただろうか。

実務経験がもたらす効果は計り知れないと思う。

なのである程度デザインとコーディングができるようになったら、失敗しても許してくれそうな人に、「ホームページを作らせてくれませんか?」と聞いてみよう。

 

 

関連記事はこちら

“未経験者がwebデザイナーになるには、無理矢理にでも実績を作るべき4つの理由” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です