全くの未経験から独学でWEBデザイナーになるための方法

未分類 2017/05/27  

webデザイナーになるために独学でどれくらいの期間勉強したらいいのか?

         

まず「WEBデザイナーになるために、勉強しよう!」と思った時に、気になるのは「じゃあどれくらい独学で勉強したらいいんだろう」ということじゃないだろうか。

最低3ヶ月、最長1年を目処に

よく聞かれる質問だが、僕はだいたいこう答えている。

これが長いか短いかは人によるだろうが、まずは実際に何を勉強することになるかを想像してもらって、それにどのくらい期間がかかるかをなんとなく把握することからはじめた方が良い。

既に今、デザインの知識が多少ある(余白であったり、色使いであったり)方は、そこまで時間はかからないかもしれない。

だけど全くのズブの素人だと就職するまでに1年の準備期間は見積もった方が良い。

全く自由な時間がある人なら、もっと早くできる?

ただし、上記の期間は正社員などで普段働いていて、家に帰ってから勉強する人、具体的には1日2〜3時間程度勉強して、土日には合計8時間程度勉強できるような人を想定している。

3ヶ月間ほどが完全に自由になるような人であれば、本当に3ヶ月で就職できるレベルまで持っていけるかもしれない。

そこは状況とあなたのやる気次第だと思う。

勉強する内容について

具体的に勉強する内容についてはこんな感じ。

  • 専門用語などの勉強(webサイトがどうやって出来ているかを理解)
  • デザイン+webデザインについての勉強
  • コーディング(デザインしたものを実際にweb上に落とし込む作業)の勉強

ざっくりとまとめるとこんな感じだ。

どうだろう、3ヶ月でできそうだろうか?

僕が何から始めようかわからなかったので、まずは勉強代ということで色んな本を買い漁った。

1年間で色々買ってみて、参考になった本はこちら。

それで段々と、学ぶべきことは上記のような工程に分類されることがわかった。

まずは全体像をざっくり把握。それから各分野を深めていく

だから一番効率の良い勉強の仕方は、上記の事をまずはざっくり3ヶ月程度で勉強して、残りの6ヶ月でそれを深めていく。

そして最後の3ヶ月で、実務を行っていく。

実務というのは、誰かのサイトを実際に作ったり、自分で架空のサイトを作ったりすることだ。

そしてそれをまとめたポートフォリオサイトを自分で作ることになる。

未経験の人間がwebデザイナーとして採用されるには、このポートフォリオと制作実績というのがとても大事になる。

これこそが、やる気のある人間のやる気を測る大きな指標になる。

最後に

まとめると、

  • 最低3ヶ月〜1年間は勉強する
  • 1〜3ヶ月目:全体像を把握
  • 4〜9ヶ月目:各ジャンルを深める
  • 10〜12ヶ月目:実務として成果物を作っていく

 

次ではその実務として成果物を作る、具体的な方法を説明していく。

 

 

 

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です