全くの未経験から独学でWEBデザイナーになるための方法

未分類 2017/05/27  

いきなりwebデザイナーのフリーランスになれる?就職するのとどっちが良いのか?

         

webデザイナーになりたい理由の1つに「自由にどこでも働ける」というのがあるかもしれない。

そしてそれを実現するには企業に就職するのではなく、フリーランスとして働く方が自由度が高く、望みには近くなるだろう。

だけど、本当にいきなりフリーランスになっても良いのだろうか?

そしてそもそもなれるのだろうか?

いきなりフリーランスは辞めたほうが良い

結論から言うと、いきなりフリーランスは辞めたほうが良い。

なぜなら、学べることが激減するからだ。

フリーランスは孤独との戦い

基本的にフリーランスというのは、孤独だ。

自分ひとりだけで仕事をしているから、周りの人間から今のトレンドを聞くこともあまりできないし、仕事で辛い時にも吐き出すことができない。

いきなりそんな環境になってやっていける人は少数だろう。

そもそも仕事が入ってくるかどうか

一番の問題は収入だ。

そもそも案件が定期的に入ってくるかどうかを考えた方が良い。

今あなたがwebデザインの勉強をしていて、周囲の人間から「作って欲しい!」と言う声がかなり多くなっていて、数ヶ月から1年ほど待ってもらう人がいて、かつ1案件あたり10〜50万円程度で作れている、というような状況であれば、全然そのままフリーランスとしてやっていっても問題ない。

だが、周りの人間に「webデザインの勉強をしている、webデザイナーになった」と伝えても、ほぼ仕事が来なければそれはまず就職した方が良い。

継続的に仕事が入るかどうか

フリーランスとサラリーマンの違いは安定して収入が入るかどうかだ。

フリーランスでは、例えば来月、再来月の案件がまだ決まっていないということであれば、収入はなかなか厳しいと言わざるを得ない。

逆にサラリーマンではそういったことがあっても、会社が守ってくれるので収入はなんとかなる。

webデザインは基本的に請負の形の仕事なので、案件が継続的に入ってくることがかなり大切になる。

独学で勉強して10年間フリーランスを続けた知人

知り合いのフリーランスの人は、独学で勉強して10年ほどフリーランスでやっていたという。

しかもそれは1案件を納品したら、また口コミなどで人づてで新しい人から受注がある、というようなスタイルで10年間やってきたとのこと。

これが一番良いし、フリーランスで目指すべき形だ。

だからやりたい人は試してみても良いが、まずは就職することをオススメする。

 

 

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です